BTOパソコンの登場

皆さんはBTOパソコンという言葉をご存知ですか。BTOとは一体何の頭文字ぞや?と考えるでしょうが、BTOとはBuilt to orderの頭文字を取ったものです。つまりBTOとはパソコンパーツの組み合わせをパソコンの購入者であるユーザーが指定して、ユーザーだけのオリジナルのパソコンが注文できるというシステムです。言い換えれば、パソコンのオーダーメード、受注生産です。皆さんはDellというコンピューターブランドの名前を一度たりとも聞いたことがあるでしょう。このBTO方式、或いはBTOパソコンとは、有名なパソコン直販メーカーであるDellコンピューター社がこの販売方式で成功したことで知られています。
何故BTOパソコン、BTOという方式が考え出され、そして普及したのでしょうか。その理由を考えてみることにします。例えば皆さんはどこでパソコンを購入しますか?一般的な例として家電量販店でパソコンを購入するとしましょう。そこでパソコンを買おうとすると、あらかじめパソコンメーカーが決めて生産したパソコンが店頭で売られていて、消費者はそれを購入して持ち帰り、使用することになります。パソコン業界の中でも多くはこうしたパソコンの販売方式になっています。こうした販売方式の場合、パソコンを販売する側としては、ユーザーを幅広く想定して販売することになります。言い換えれば特定のユーザーを想定せず、よってパソコンの機能や性能なども普遍的なものになっています。例えば添付されるソフトも、家計簿ソフト等が含まれて売られていることがありますが、これなど正直に言って家計簿を付けることのない一部のユーザーには必要がないことでしょう。消費者から見れば、実際には必要の無いソフト、必要の無いパソコンパーツに対してまでお金を払って購入していることになります。
一般のパソコン及びパソコンの販売方式ではこうした弊害が出てきます。BTOパソコンはこうした不便さを解消するものです。その前に紹介したようにBTOとはBuilt to orderの略ですが、こうしたパソコンの注文生産という形をとることによって、ユーザーは自分の要望にあったパソコンパーツだけを組み込んで、メーカーに注文します。無論自分にとって必要の無いパソコンパーツは購入する必要がありません。
こうして出来上がったBTOパソコンは、オーダーメードによる自分専用のパソコンです。世界に二台とない、自分だけのオリジナルのパソコンです。ユーザーにとって必要な機能、パーツだけを存分に組み込むところがBTOパソコンの魅力なのです。ユーザーにとって見れば自分の必要にのみ基づき、注文生産してもらったオリジナルパソコンですから、当然機能性も使い勝手も従来のパソコンに比べて大きく向上しており、また自分だけのパソコンに対する愛着も格別となることでしょう。パソコンを使うこともよりいっそう楽しくなる筈です。
オーダーメードと言えば、例えばスーツのそれが連想されます。スーツを購入する場合、既製品を購入するよりもオーダーメードのほうが価格が高く、また時間もかかってしまいます。ですが自分の体型や好みに合わせて作ったスーツは着心地も抜群で、その世界に一着だけのスーツに対する愛着も格別のものとなるでしょう。BTOパソコンも同じことが言えます。勿論BTOパソコンは決して安くはならないでしょうし、入手するには時間もそれなりにかかると思います。ですが、ある程度パソコンに精通し、パソコンに対してあれこれリクエストのある人なら一度は注文して、持ってみたいものです。

pickup

オフィシャルチームの子供服
http://www.rakuten.ne.jp/gold/s-work/

最終更新日:2017/2/23