BTOパソコンのよさ

最近はBTOパソコンという言葉がよく聞かれます。BTOとはBuilt to orderの頭文字を取ったものです。つまりBTOとはパソコンパーツの組み合わせをパソコンの購入者であるユーザーが指定して、ユーザーだけのオリジナルのパソコンが注文できるというシステムです。もっとわかりやすく言えばパソコンのオーダーメード、注文生産です。有名なパソコン直販メーカーであるDellコンピューター社がこのBTOによる生産、販売方式を考案し、それで成功したことが有名です。
その前に紹介したようにBTOとはわかりやすく言えばパソコンの受注生産です。ユーザーは自分の使いたい、欲しいパソコンパーツだけを組み込んだパソコンをイメージし、それに基づいてメーカーに注文し、メーカー側はそれを受けて注文生産に入ります。
こうした出来上がったBTOパソコンは、いわば世界に一台しかない、自分だけのオリジナルのパソコンとなります。ユーザーからすれば自分の必要な機能を存分に組み込み、不要なパーツなどを排除できるところがBTOパソコンの魅力なのです。またユーザーから見ればBTOによるパソコンは自分のニーズに基づいて注文した自分だけのオリジナルのパソコンですから、当然機能性の面から見ても、使い勝手の面から見ても従来のパソコンに比べて大きく向上しています。それによってパソコンを使う楽しさ格別なものとなることでしょう。
ここまでBTOパソコンのあらましについて説明してきましたが、皆さんにBTOパソコンのイメージをわかりやすく描いてもらうために、以下もう少し具体的にBTOパソコンのお話をしてみたいと思います。

仕様等があらかじめ決まっている既製品のパソコンと違って、自分の使用目的にあわせて自由自在に構成をアレンジできる、自分で組み合わせを換える、これらができる点がBTOパソコンの最大の魅力です。例を挙げて言えばBTOパソコンによってパソコンの処理能力を強化することができます。例えばCPU やグラフィックボードのグレードアップをしたり、メモリ容量の向上を図ることによって、パソコンのデータ処理能力や描画処理能力を高めることが可能です。こうして機能が高まったBTOパソコンを導入することは、例えばDVD 鑑賞やデジカメ画像の編集、グラフィック系のソフトを使う人やそれを生業としている人にお薦めです。それからBTOパソコンによって、データ保存容量を増やすということもできます。言うまでも無く、ハードディスク容量をアップさせれば、パソコンのデータ保存量を向上させることができます。こうした操作は、例えば多くの画像、音楽、動画等のファイルをパソコン内により多く保存したいという方にお薦めです。それからBTOパソコンを導入することによって、ソフトウェアやハードウェアを追加、変更したりして、ユーザーのパソコンに、ユーザー夫々の使い道に合った機能を持たせることが可能になります。例えばビジネスでは必要不可欠な「Microsoft Office」や「TVボード」等のソフトウェア・ハードウェアを追加しておけば、パソコンが到着後すぐにでも使い始めることができます。BTOパソコンが既製品のパソコンと比べて便利なところは、購入前に自分自身がパソコンのカスタマイズをすることによって、ユーザーの必要とする機能や性能を高めることが可能な点です。またOSを変更することにより、家庭や仕事などの利用環境にあわせた仕様にすることができます。勿論BTOパソコンは注文生産なので、価格的には決して安くはならないでしょう。ですがこうした使い勝手のよさ、便利さ、そして何といっても自分だけのオリジナルのパソコンという魅力を考えたとき、一度でもこのBTOパソコンを持ってみる価値はあるのではないでしょうか。